建物の外壁を守るのはジョリパッドにお任せ!ジョリパッド通販比較サイト

top > ジョリパット情報 > 家のデザインにこだわる人におすすめのジョリパット

家のデザインにこだわる人におすすめのジョリパット

近年は、家の性能や使い勝手だけではなく、デザインにこだわる方も増えてきています。
みんなと同じではつまらないという考えに、共感できる方も多いはずです。
またいつまでも美しい自宅をキープできれば、周囲に自慢もできるでしょう。
こんなときによく使われるのがジョリパットです。
ジョリパットは、家の外壁や内装、そして外構工事などでよく使われています。
粘りがある塗装剤で、壁面に塗ることで様々なメリットを得られます。
防火性や防カビ性も高く、汚れやすい家の外壁を美しくキープしてくれます。
また、どうしても継ぎ目が目立つサイディングと違って、意匠性が高いのもジョリパット仕上げの魅力の一つです。
どんな色でどのように塗るのかで、住む人の個性を表すことができます。
ただし、どれぐらいスキルのある人にお任せするのかで、仕上がりの質は大きく変わってしまいます。
施工技術の高い会社を選んでください。



温かみのあるデザインが魅力のジョリパット

注文住宅を購入する際に、家の外壁は重要な問題となります。
家の第一印象を決める場所でもあり、できれば「オシャレな家だ」と感じてもらいたいところです。
外壁材として一般的なのは、サイディングやタイルです。
しかし近年、「より温かみのあるデザインを取り入れたい」と考える人が増えてきています。
こんなときに便利に使えるのがジョリパットです。
ジョリパットはアクリル系の壁面仕上げ材です。
ローラーで塗ったり、スプレーで吹き付けることで、好みの風合いを出すことができます。
近年、「家の外壁を塗り壁にしたい」という人の多くは、このジョリパットを使用しています。
デザイン面での自由度が高いというのが最大の特徴で、サイディングやタイルにはない個性を演出することができます。
また内装材としても使える点も、特徴の一つです。
玄関を入ってすぐの所に施工すれば、お客さんの注目を集めてくれることでしょう。



ジョリパットは耐久性の高い塗り壁材

住宅を新規で建てる場合、何らかの形で住んでいる住宅に対して壁の塗り替えをしたい場合があります。
その時には塗り壁材を選ぶことになります。
壁を塗ってくれる業者に依頼をすれば、いくつかの素材から対案をしてもらえます。
どんなタイプを選ぶのが良いかです。
その一つとしてジョリパットがあるのであれば、よく検討してみると良いでしょう。
こちらは、非常に耐久性があるとされています。
外壁は、新築で塗ったときでも一定期間が経過すると塗り直しが必要になります。
塗り直しをした後でも一定期間後に再度行う必要があります。
こちらの素材は、紫外線であったり、雨などの影響に強いとされています。
ですから他の素材に比べると、同じ状況を長く維持することができます。
長く維持できるのであれば、次の塗り替えまでの期間が長くなるので、トータルのコストも安く済ませられます。

次の記事へ

カテゴリー