建物の外壁を守るのはジョリパッドにお任せ!ジョリパッド通販比較サイト

top > ジョリパット情報 > 外壁にジョリパットを塗るメリットとデメリット

外壁にジョリパットを塗るメリットとデメリット

ジョリパットは高い耐久性、耐火性、安全性を持った塗料です。
リフォームなどの際に外壁にジョリパットを塗るメリットとして、既存の外壁や、ジョリパットでの塗装がされている外壁にもそのまま再塗装できるという点が挙げられます。
また、ひび割れにくく丈夫で防火性や遮音性にも優れていることも大きな特徴であり、導入する上での利点です。
カラーバリエーションが豊富で仕上がりも自然なので、外観や質感の良さという面でも人気を集めています。
そして基本的にはメンテナンスにほとんど費用がかからないので経済的にも負担が軽く、気軽に導入できます。
メリットが多い塗料ですが、デメリットも知っておくと安心です。
主に気をつけたいのは白樺現象です。
寒い時期に施工すると水酸化ナトリウムの白い結晶が浮き出てしまう現象で、工期をきちんと選ぶようにすれば心配はいらないでしょう。



ジョリパットは40年以上の塗装材料の1つ

ジョリパットは塗装材料の1つとなります。
この塗装材料は1975年に登場してから40年以上の実績を有しています。
その塗装材料は外装用と内装用の両方が存在していて、その色の数は150色を超えています。
そしてそれぞれの商品が数十以上のパターンを用意しています。
また数多くの種類の商品があるため、同じ外装用や内装用でも高対候性や冬季施行タイプ、光触媒、低汚染、不燃性などと細かく分類されます。
その数多くある塗装剤にはコテやローラーや吹付などそれぞれ最適な施行法が存在しています。
そんな長年の商品販売でたくさんの種類が存在するこの塗装剤は、いろんな場所で使用されていて、中には多くの人が利用する公共の建物でも採用されています。
その公共の建物で採用されている一例としては、JR九州のホテルや中日本高速道路のサービスエリアのトイレなどで採用されています。



高品質である点が評価されているジョリパット

ジョリパットの壁の塗装の仕組みは、高品質である点が高く評価されています。
壁に塗装した後の劣化の起こりにくい点がメリットとして挙げられることも多く、積極的にこの壁を塗る仕組みを取り入れるところが目立ってきていると言えるのではないでしょうか。
着色した際の塗りムラが非常に少なく、外観をきれいに保つことが期待できるとされています。
そのため、多くの現場でジョリパットでの壁の塗装を実現させる動きが見受けられるようになり、その点も注目を集めつつあります。
高い品質で外壁の塗装のできるポイントは、実際にこの塗装の工法を取り入れた人々からは概ね高い評価を集めています。
新たにジョリパットで壁の塗装に踏み切る人が増えるきっかけにもなると考えられており、この特徴がより高い水準の評価を獲得するようになるのではないかと予想されています。

次の記事へ

カテゴリー