建物の外壁を守るのはジョリパッドにお任せ!ジョリパッド通販比較サイト

top > ジョリパット情報 > ジョリパット外壁に塗装するメリット

ジョリパット外壁に塗装するメリット

ジョリパット外壁のメリットにおいて、非常に大きいことは耐久性となります。
そして、建物の内外どちらにも使うことができるジョリパットですが、外壁に塗った場合の耐久性に関しては定評があります。
つまり、外壁に使用した場合には、紫外線や雨に対して強い対候性があるわけになります。
しかし、デメリットとしては色あせが挙げられています。
したがって、同種による外壁であるカルクウォールやそとん壁とは着色方法については違いますから、色の退行について見られるのは仕方ないといえるでしょう。
理由としては、これらは顔料を混合させた上で着色していますから、外壁として塗っているものになれば、およそ15?20年ほどにて色あせてくるでしょう。
とはいっても、色あせに関しては汚くなってしまうというよりは、色合いについて薄くなってしまうと考えていただければよいでしょう。



外壁塗装のジョリパットってどんな物

ジョリパットはフランスで作られた外壁塗装素材の一つとなっており、塗料と砂を混ぜた砂壁上の塗料になりモルタルの上から塗装する為の材料として使用します。
一般的な塗料よりも100倍ほど厚みがある事が特徴となっており、高性能と耐久性に富んでいるという点から話題になりました。
主な素材はアクリル共重合樹脂になりまして、水溶性の塗料になります。
ジョリパットには粘性の性質がある為コテ・ローラーを使用し様々な模様を作る事も出来ますし、水で薄めて壁に吹き付けて使用する事も可能となっています。
この様に様々な目的に合わせて使い分けを行う事が出来る事から、リフォームをされた方や新築を建てられた方が家の内装に使用する事も有れば、家の安全性を高める為に既にジョリパットを終えている壁などにに上から更なる塗装を行う方もいます。



ジョリパット外壁の持つ3つのメリット

ジョリパット外壁のメリットとしては次の3つの点が挙げられます。
1つ目は耐久性に優れていることです。
高い親水性と耐火性、遮音性、遮光性を備えているので、雨水による汚れが付着しにくいとともに湿気を吸収してもコケやカビによって変色しにくいという特性を持っています。
そのため、自然と定期的な塗り替えの回数も少なくなるので、コストの削減にも効果があります。
2つ目は自然な仕上がりになることです。
ジョリパットは様々なデザインに対応しており、色の種類も豊富なので個性的な外壁デザインにすることができます。
更に自然で親しみやすい仕上がりにすることができます。
3つ目は維持費用がかからないことです。
ジョリパットはちょっとした汚れであれば、デッキブラシとシャワーの水圧だけで簡単に汚れを落とすことが可能です。
Sらにひび割れにも強い性質を持っているため、キズが付きにくく美しい外観を長く維持することができます。

次の記事へ

カテゴリー