建物の外壁を守るのはジョリパッドにお任せ!ジョリパッド通販比較サイト

top > ジョリパット情報 > ジョリパットで仕上げた壁面、メンテナンスは

ジョリパットで仕上げた壁面、メンテナンスは

ジョリパットと言えば、少し前までは「汚れが目立ちやすい」というイメージもありました。
施工してすぐの時期には、どの外壁もピカピカの状態を保っています。
しかし時間の経過と共に、薄汚れてしまうとしたら、それはデメリットとなってしまうでしょう。
確かに以前のジョリパットには「汚れやすい」という特徴がありましたが、近年使われているものは、汚れに強い性能が付加されています。
それほど心配する必要はないでしょう。
とはいえ、どんな外壁であっても、完全にメンテナンスフリーというわけにはいきません。
ジョリパットの場合は、付着した汚れを、優しく丁寧に落としてあげる必要があります。
汚れがひどい場合には中性洗剤を使っても大丈夫ですが、高圧洗浄機の使用は避けた方が良いでしょう。
外壁掃除専用のブラシやホースを準備しておくと、汚れが目についたときに、すぐに対応可能です。



ジョリパットが外壁に大変適している

住宅を購入されると外壁がとても綺麗な仕上がりになってますが、時期が経つと外壁にひび割れが出来たりしてくることもあります。
そのままにしておくと、中に雨水が入り込んで木材が腐る原因になります。
そこでジョリパットで補修を行うことで新築の壁のような綺麗な壁になります。
ジョリパットは海外でよく使われてる壁材で、一般の塗装に比べて厚みがあるのが特徴的な所です。
防火性にも優れていて、遮音にも効果的な所から、防音対策にも役立ちます。
特殊な塗装ですので、雨が降っても雨水の汚れが付着しにくくなってます。
また、湿気が多い時期でも吸収してくれる効果もあるので、壁にカビが生えるのを防ぐことが出来ます。
人体に害を及ぼさない材料なので、小さなお子様がいる家庭にも安心出来ます。
最大の特徴としては、柔軟性のある壁材を使ってることから、再度ひび割れが起こりにくいということです。



ジョリパットの塗り替え頻度とは

外壁をどのように仕上げるのかで悩んだとき、気になるのが、その後のメンテナンス費用です。
たとえばサイディングは、汚れに強く比較的安価に施工できるというメリットがありますが、10年に1度程度のペースで、大規模なメンテナンスが必要となります。
ジョリパットの場合は「塗り壁」なので、定期的に塗りなおす必要があります。
問題はその頻度についてですが、ジョリパットは耐久性が高いことでも知られています。
弾性が強いので、小さなクラックであれば吸収してくれるという性質を持っています。
このため、その他の塗り壁材と比較しても、塗り替え頻度が少なくて済むという特徴があります。
最初に施工する際にも、「非常に高い」というわけではありません。
デザイン面でも性能面でも、そして実際に居住を開始したあとのメンテナンス面でも、優れた塗料だと言えます。

次の記事へ

カテゴリー